加齢による体重増加

■加齢による体重増加
ダイエットを始めるキッカケの一つに、「昔はいていたズボンが入らない」や、「カラダが重くて息切れをするようになった」などがあげられます。
これは、加齢による肥満化とも言えますが、なぜ加齢に向かうと体重が増えていくのでしょうか?

 

 

また、加齢に向かうほど置き換えによるスムージーが効果を発揮していきまので、ここでは加齢による体重増加と、スムージーによる関係性を説明していきます。

 

 

●加齢による体重増加の原因
年齢を重ねると、運動をしなくなっていきます。
これは、職業にもよりますが、内勤の方は特に学生時代よりも運動をしなくなりますね。
ここから言える事は、運動をしないから消費エネルギーが小さくなるのではなく、運動をしないから基礎代謝が落ちて消費エネルギーが小さくなって体重が増えていくという事が言えます。

 

 

簡単にいうと、学生を卒業して就職することで、仕事中心の生活となり運動する機会が減る為、基礎代謝が落ちて体重が増えやすくなってしまう環境になるという事です。

 

 

加齢による体重増加について、特に重要なのは「基礎代謝の低下」です。ここで少し、基礎代謝についてお話ししておきます。
代謝というものには、新陳代謝と基礎代謝があります。
新陳代謝は、肌の生まれかわりや内臓などの細胞の生まれかわりなどの事を言います。
基礎代謝は、人が何もしていない状態で消費するエネルギーの量を言います。
これは、寝ているときや、呼吸している体の動き、肺を動かず為の筋肉の動きや呼吸するときの動きによる諸費エネルギー量の事で、カラダの筋肉量が多ければ多いほどその分、活発にエネルギーを消費するため、筋肉量が多ければ、基礎代謝量も自然と上がっていき、普段の状態でも痩せやすい体となっていきます。

 

 

これが、加齢によると運動をしなくなる為、自然と普段動かさない不要な筋肉は減少していき、結果、基礎代謝が落ちて太りやすくなっていってしまうのです。
これが、加齢による体重増加の一因と言われています。

 

 

では、これを改善するためにはどうしたら良いか?
単純な事ですね。これは、筋肉を増やして基礎代謝量を向上させればよいのです。
それには、定期的なトレーニングが必要になってきますが、そもそも運動不足が原因で肥満傾向にあるのですから、ある程度のトレーニングはしておくようにしましょう。
そのうえで、筋肉を増やして基礎代謝を向上させる事で、痩せやすい体を作っていくようにしていくのです。

 

 

加齢による肥満の原因として、体内の分泌物の減少によるところもあります。
若いころは代謝が良く、分泌物も頻繁でしたが、加齢による衰えで分泌物も減少していきます。
特に酵素は減少しやすく、酵素が減少する事で消化や代謝が促されにくくなって太りやすい体へ変化していくというところもあります。

 

 

これは、今までと同じ運動量であるにも関わらず、少しずつ太っていく事に関係しています。

 

 

酵素とは、カラダの中で一定量しか分泌されず、消化と代謝を促す大切な成分なのですが、これが減少してしまうと肥満に結びついてしまいます。
酵素は主に食べ物の消化に使われて残った酵素を代謝へと使う成分なのですが、加齢によって酵素の分泌が減ってしまうと、食事の消化ばかりに酵素が使われてしまい、代謝へ使われることがなくなり、エネルギーをため込むばかりで、体重が増えていってしまうというしくみです。

 

 

この酵素不足を解消するには、単純に食事から酵素を摂取していくことが最適とされています。
特に、野菜や果物には酵素が豊富に含まれており、ここから酵素を摂取して酵素不足を解消し、代謝を上げていくことが加齢によるダイエットにおいては重要な役目をはたしていきます。

 

 

その為、ダイエットだからと食事制限ばかりではなく、バランスの良い食事をして酵素もしっかりとってダイエットをしていくことが、加齢によるダイエットへの近道となります。

 

 

また、加齢のみだけではなく、通常の状態でも暴飲暴食をしてしまうと、酵素の無駄遣いとなり、太りやすい状態となるので、食事をする際は腹八分目くらいまでにして、食事のとる順番も、酵素の多く含まれている野菜や果物から摂取していき、酵素不足にならないように注意していきましょう。

 

 

●まとめ
加齢による体重増加の解消には、基礎代謝の向上と酵素補給が最適だと言われています。
運動不足による基礎代謝の下降を解消のため、トレーニングによって筋力つけ、また、酵素不足とならない様に、野菜や果物からたくさんの酵素を補給して、酵素不足を解消し、痩せやすい体作りを行っていきましょう。